メダカ飼育が趣味です。知り得た情報を発信しながら、飼育方法を楽しく学んでいます。

【水槽ヒ-ター】縦置きと横置きの、設置方法を選択

    
\ この記事を共有 /
【水槽ヒ-ター】縦置きと横置きの、設置方法を選択

気温

 屋内のメダカ水槽に、孵化した今年のメダカたちを投入。
 2品種のメダカですが、早いものから一番目がブラックスワローメダカ、二番目がレーヴメダそして最後に同じくブラックスワローメダカが三番目になります。

 本来なら、各メダカたちに水槽を準備するのが一番良いのですが、横見に適したメダカたちです。
 ブラックスワローメダカとレーヴメダカですから、優雅な特徴あるヒレや尾の美しさを眺めるには、横見が一番満足するのではないでしょうか。

 そう考え、屋内に設置している60㎝アクリル水槽に泳がせ、眺めることができるように考えました。
 品種別に泳がせるのであれば、成長してからのことを考え水槽を別けることを考えたのです。
 それが、過去の投稿にもあるセパレーターを使用した水槽の区分けです。

苔の発生が見苦しいのですが、設置当初は便利ものでしたね。

 セパレ-ターはアイデア物だと感心しながら、ちょっと苦労をして設置したのですが・・・。
 確かに水槽内を区分けし、品種別に飼育するにはとても便利に感じました。

 2分割した水槽の温度を、25℃前後に保つにはヒ-ターが必要ですから、、設置することにしました。
 当然ですが、セパレーターで2つに分割した水槽内を暖めるには、水温を均等にと考え縦置きがベストだと考えたのです(上の画像)。
 しかし、メダカの稚魚たちが屋内で飼育するのは春までと決めているので、その間採卵はしません。

 来春以降(6月から9月頃まで)は、屋外水槽に移動し産卵・採卵の手はずを整えます。
 そうした私なりの計画を立てているので、セパレーターの必要が無いとあらためて考え、撤去しました。
 現在の水槽のメダカたちは、産まれ日が違った体長サイズとそれぞれの品種が、一緒に泳いでいる状況になっています。

 セパレーターで区分した水槽でしたので、設置したヒ-ターはできるだけ中央が良いと判断し、縦置きにしました。
 縦置き可能なヒ-ターなのは、もちろん説明書にも書いてありますから大丈夫です。
 2~3日そうした設置で、景観も問題が無かったのですが・・・。

 設置したヒ-ターの下部に、フネアマ貝が仰向けに引っかかったまま★になっていました。
 25℃前後の設置ですから、多少の接触では被害は出ないだろうと考えていたのです。

 ヒ-ターの特性としては、25℃に設置した場合、ヒ-ターはそれよりも高い温度になります。
 縦置きに設置した場合は、フネアマ貝のような移動の遅い貝は、落下するような状況では逃げ切れないのかもと思ってしまいます。
 落下しても、ヒ-ターの熱を受ける状態ですから・・・。

 たまたまだろうと一匹目は思っていたのですが、数日後にもう一匹が同様の状態で★になりました。
 過去の横置きのときには起きなかった現象に驚き、これはヒ-ターの設置が縦置きだから生じたのだろうと考えた次第です。

 ハッキリ「原因はこれ」という結論にはなりませんが、横置きの場合には被害が無かったので、自分なりに思ったことです。
 過去に横置きに設置していたときには、フネアマ貝がヒ-ターの端にいたときには不安でしたが、被害はありませんでした。

 横置きでしたから、ヒ-ター本体部分に触れた途端、離れて(落下して?)難を逃れたのではと想像しています。
 単に、フネアマ貝が不運だったのかも知れないのですが、過去には無かったことですから・・・。

 4匹のフネアマ貝の内2匹が★になったので、現在の水槽には2匹しかいません。
 60㎝水槽壁面の苔を取り去るには、2匹のみでは追い付かないのが現状です。

 当然ながら、追加購入することにしました。
 今度は思い切って、4匹の注文(楽天のチャ-ム)です。
 現在2匹なのですが、4匹の注文は多すぎるかもと懸念(餌不足が心配)しているのですが、水槽壁面の苔の発生を見ると必要かもと考えています。

 壁面の苔が、無くなったらどうするのか・・・ん~、悩みどころですがね。
 とにかく、苔の無い綺麗な水槽にしたいというのが、現在の希望なのです。
 苔が無くなってきたら、逆に給餌量を多くして、苔を増やすようにしようかな(笑)。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright©メダカファンの飼育記録,2023All Rights Reserved.