メダカ飼育が趣味です。知り得た情報を発信しながら、飼育方法を楽しく学んでいます。

【屋内のメダカ水槽】追加の飼育水は、加温してから

    
\ この記事を共有 /
【屋内のメダカ水槽】追加の飼育水は、加温してから

気温 1/5℃ 雪

 冬場は湿度が低いために、乾燥が大きくなっています。
 とくに今日は降雪がありますから、よりひどい状況でしょう。

 屋外水槽と比べると、屋内の方が飼育水の減少が大きいと思いました。
 屋外と屋内での乾燥度合いはわかりませんが、飼育水の水温の違いで減る度合いが違うのかもしれません(見た目ですが、明らかに室内水槽が大きい)。

 室内のメダカ水槽は、3日に一度の割合で飼育水を追加しています。
 アクリル水槽の上端まで入れていますが、2日目で下記の赤い矢印分の量が減少しています。

約3㎝の減少です。

 3日間では4~5㎝の減りとなりますから、急激と言えますね。
 小さなポリバケツ1杯分くらいを、補充することになります。
 カルキ抜きをした飼育水を補充するのですから、作業は毎日といった感じです(大した仕事量では、ないのですが・・・)。

 上記の画像にある水温計を見てもらうとわかりますが、約23℃になっています。
 当然ですが、追加する飼育水はカルキを抜いて、小さなプラバケツに入れて加温しました。
 追加飼育水は、屋外保管のバケツから分けているので水温が低く、予備のヒータ―(過去に使用していた古いもの)で加温してからの追加するようにしています。

水槽内の水温は、23℃です。

 先にも書きましたが、こうした手間がちょっと面倒に感じます。
 しかし、追加する飼育水の水温が違いすぎると、当然のことながら生体に悪影響が出ますから・・・。
 メダカに限らずこうした配慮は、生き物を世話する人たちも当然行っていらっしゃることでしょう。

 私の場合は、屋内のメダカ水槽は1層のみですから負担は少ないのですが、生業にされている方々はそれこそ大変だと思います。
 水槽数は私の比ではないと思いますし、メダカの品種も様々(高級品種が多いことでしょう)ですから、苦労が想像されます。

 日本では四季がありますから、折々の風情は楽しむことはできるのですが、生き物を飼育する場合は愛情(もちろん知識も)がないとできないことですね。
 私なんかの苦労は、苦労のうちに入らないでしょう(笑)。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright©メダカファンの飼育記録,2024All Rights Reserved.